ブログ小説『ハンティング・パーティ』

アクセスカウンタ

zoom RSS 【小説】 第34話 また現れた男

<<   作成日時 : 2008/04/02 16:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ダックは今日一日の惨憺たるチェレビチ滞在を思い出していた。

… 村人に酒をおごるのにまた俺頼みだったサイモン。

… 途中「ぼくにはこの二人のような政治的意図はない」と、村人にベンと自分を売り飛ばそうとしたサイモン。

… 何よりサイモンがあのオレンジの車を追いかけたばっかりに、俺たちは三人とも山の中で脳天ぶち抜かれて死ぬところだった。 
やっぱりサイモンはキレた男だったんだ。
あいつはヤバイ。
もうこれ以上、信用するべきじゃないんだろう。

そんなふうにサイモンを否定する一方で、ダックの胸にもう一つの小さな思いが湧き上がる。

… フォックスを警護しているというのはオレンジのユーゴ車だという噂は、本当なのかもしれない。
少なくともオレンジの車、という一点は確かだ。

… なぜヤミ屋たちが山に入った人間を処分しようとしてるんだ?

… いったい、誰に頼まれて?

やはりサイモンの言うように、あの山にはフォックスがいるのかもしれない。
それが正しいとしたら、問題はそのフォックスをクロアチアのヤミ屋までが守っているということになる。

フォックスに接触しようとするものは、殺される。

ネタとしては面白すぎるが、危険すぎる。

やめたやめた。

やっぱり、明日からはギリシャだ。

シャワーを浴びて、部屋を出た。
公衆電話からギリシャにいる女に電話をかけるためだった。

階段を下りながら、ダックはなんだかキウキしてきた。

明日は自分もギリシャにいるのだから。
やっとバカンスだ。

公衆電話の前に立つと、またベンに立ち聞きされてやしないかと、ダックはあたりを一瞬見回した。

今回はいないようだ。
きっとベンは生まれて初めて殺されかけて、フラフラになってベッドに転がっているに違いない。

公衆電話の受話器をあげ、諳んじた番号を押す。

「ハロー」
「向こうの声が聞こえないわ… ねえコスタス、音を下げてくれない」

大音量のラテンポップスの中に、彼女の甘い声が聞こえた。

その頃、彼女は現地の友人たちと、クルーザーでシャンパンを飲んでいた。
白いビキニのナイスバディを放っておく男はギリシャにはいない。

「そこはどこだ?」
「うーん。元気よん」 
「違うよ。そこはどこだって聞いてるんだ」

周囲の音量はかすかに下がったようだが、まだ彼女の声は聞き取りにくい。

「ここ? ガスパールのクルーザーよ」
「ガスパールって誰?」
「コスタスの友達」

その時、また彼女は受話器を少し遠ざけて船の中の誰かに話しかけた。

「あーん。注がないでってば」
「だからコスタスっていうのは誰なんだよ」

ダックの声が本当に聴こえづらいらしい。
大音量のBGMに負けじと彼女は大きな声を出した。

「電波が悪くって聴こえないわよ。… いつこっちに来るのぉ」

ダックはその言葉を待っていたとばかり、うつむいて微笑んだ。

「明日の朝、着く予定だ。朝イチで飛ぶ便に乗るよ」
「いいわ。急いでよ」

ダックにそう言いながら、彼女はまたクルーザーの上での会話に戻る。

「ジョルジオ、やめてぇ」

甘い声が悩ましい。

「待てよ。ジョルジオって男だな? え?」
「ジョルジオったらお尻に触るのよ」

ダックは頭に血を上らせた。

「何してんだ?え?ジョルジオ?そいつを出せ… もしもし… もしもし」

電話は切れていた。

「なんだよぉ」

舌打ちしてダックは受話器を下ろした。

階段を上ろうとすると、目の前にサングラスをした男がぬっと立ちはだかった。


画像
人気ブログランキング

に参加しています。現在、小説部門12位↑です。
ボスニア紛争についてもっと知りたい!と思われたら、ぜひ、クリックお願いします。

※映画『ハンティング・パーティ』は、5月10日(土)よりシャンテシネ、新宿武蔵野館ほか全国ロードショーです。



※ブログ小説目次
第1話 サイモンとダック
第2話 ぶち切れたサイモン・ハント
第3話 ボスニア・ヘルツェゴビナへようこそ
第4話 ベン、ホリデー・インのバーにデビューする
第5話 落ちぶれた相棒
第6話 3人は揃った
第7話 「聞こう。ネタって?」
第8話 ムスリムのカフェで
第9話 盗み聞き
第10話 “生と共に死を授かった男”
第11話 出発
第12話 チェレビチの森で
第13話 セルビアの村はずれのカフェ
第14話 撃たれた3人の車
第15話 フォチャへ
第16話 警察のティータイム
第17話 チェレビチからの命令
第18話 国連の男・ボリスとの出会い
第19話 プロの出番
第20話 フォックスは守られていた
第21話 バーの外の暗闇で
第22話 危険へと続く道
第23話 マルダとウーナ
第24話 サイモンの恋
第25話 サイモンの恋A
第26話 最悪の別れ
第27話 チェレビチの見張り人
第28話 バーを探す
第29話 招かれざる客
第30話 命がけの問い
第31話 オレンジの車を追え
第32話 「ひざまずけ!」
第33話 クロアチアの小人


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
ウェブリブログ

画像
映画『ハンティング・パーティ』
公式サイト
公式サイトQR
5月10日(土)公開のリチャード・ギア主演映画『ハンティング・パーティ』をブログ小説として先行公開。映画製作秘話や独占ニュース、関連情報など、映画をより深く楽しむためのコンテンツも小説の展開にあわせて掲載します。
毎日2回更新予定!
【小説】 第34話 また現れた男 ブログ小説『ハンティング・パーティ』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる