ブログ小説『ハンティング・パーティ』

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆ 第一報:熱血、戦場ジャーナリスト! ☆

<<   作成日時 : 2008/03/16 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

どーも、熱血ギラギラのネタハンターです。

「スクープ情報局」に駐在。
朝から晩までネタを探してハンティング、いてもたってもネタハンター、とにかくブッッ飛んだネタが好き!!
・・・ということで、これから『ハンティング・パーティ』のブログ小説更新ともに、チョイチョイと関連ネタをはさんでいくのでよろしく!

記念すべき初回は、映画の原案となったコラム「ひと夏の体験」を書いたスコット・アンダーソンの生業、戦場ジャーナリストについて!

かるくネタいってみよ!


極めて危険な職業の一つ、従軍記者や戦場カメラマン。

この職業に最も必要なのは、カメラの技術、ジャーナリストたる基本はもちろん、不可欠なのは、“スクープ絶対とったんねん!”という強い意志「命をも惜しまない勇気」である!

サイモンやダックと同じく、彼らは戦闘の中に果敢に飛び込み、時には無謀とも言える状況の中で撮影を行うんだ。

多くの戦場カメラマンは「カメラを通してものを見ると、目の前の出来事にフィルターがかかったようになり、恐怖心を感じなくなる。

そのため危険の中に自ら突っこんでしまう」と実に勇ましい。

だが、戦争によるジャーナリストの死者は増えているもの事実、1954〜75年のベトナムでは63名が犠牲となり、2003年に始まったイラク戦争では、この数字を大きく上回る。

犠牲者が増えている原因、それは第2次大戦後の紛争が、対正規軍同士ではない点と言われている。

不正規軍はテロ攻撃も辞さず、戦線(最前線)がはっきりしないんだ。

だから安全地帯と呼べる場所が少なく、「安全と危険」の判断がつかなくなってしまう。

また、紛争地域における海外ジャーナリストを、敵対視している者も少なくないらしい。(TVで報道される、現地にいるジャーナリストの誘拐事件)


世界の各地の戦場で、今も活動しているジャーナリストの多くは、フリー取材のジャーナリスト。

身の上の安全なんてない戦場において、ジャーナリスト魂を燃やしている。

彼らの努力によって、私達は今世界で何が起こっているかを知ることができる!

毎日ネタを追うオレにとってもありがたい、なくてはならない人たち。


こんなすげー人知ってるぜ!というパンクな老若男女たちへ

ブッッ飛んだネタ、カモン!!


[著名な戦場ジャーナリスト]

ロバート・キャパ=スペイン内戦(1936〜39)、第2次世界大戦(1939〜45)、第1次インドシナ戦争(1946〜54)を撮影。地雷によって1954年に死亡。

沢田教一=母子が川を泳いで逃げている「安全への逃避」という写真でピューリッツァ賞を受賞。1970年に銃弾で命を落とす。

ディッキー・シャペル=第2次世界大戦の硫黄島や沖縄の戦闘を撮影した女性カメラマン。1965年に地雷(ベトナム戦争撮影中)により、女性初の戦死したジャーナリスト。

一ノ瀬泰造=1972年、フリーカメラマンとしてインド・パキスタン戦争を撮影。
その後、アンコールワットに魅せられて、シェムリアップを拠点として活動展開。
幾度となくカンボジア政府と揉めるが、現地での活動を維持する。
73年11月に消息を絶ち、9年後に程近い村にて死亡が確認された。

宮嶋 茂樹=通称「不肖・宮嶋」として、現在も活躍中のカメラマン。
週刊誌「FRIDAY」の専属カメラマンとして活躍後フリーとなり、今では『週刊文春』を中心に活躍。
96年に東京拘置所のオウム真理教教祖・麻原彰晃の撮影に成功、「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」を受賞。



画像
人気ブログランキング

に参加しています。現在、小説部門16位↑です。
ボスニア紛争についてもっと知りたい!と思われたら、ぜひ、クリックお願いします。

※映画『ハンティング・パーティ』は、5月10日(土)よりシャンテシネ、新宿武蔵野館ほか全国ロードショーです。



※ブログ小説目次
第1話 サイモンとダック
第2話 ぶち切れたサイモン・ハント
第3話 ボスニア・ヘルツェゴビナへようこそ
第4話 ベン、ホリデー・インのバーにデビューする
第5話 落ちぶれた相棒
第6話 3人は揃った
第7話 「聞こう。ネタって?」
第8話 ムスリムのカフェで
第9話 盗み聞き
第10話 “生と共に死を授かった男”
第11話 出発
第12話 チェレビチの森で
第13話 セルビアの村はずれのカフェ
第14話 撃たれた3人の車
第15話 フォチャへ
第16話 警察のティータイム
第17話 チェレビチからの命令
第18話 国連の男・ボリスとの出会い
第19話 プロの出番
第20話 フォックスは守られていた
第21話 バーの外の暗闇で
第22話 危険へと続く道
第23話 マルダとウーナ
第24話 サイモンの恋
第25話 サイモンの恋A
第26話 最悪の別れ
第27話 チェレビチの見張り人
第28話 バーを探す
第29話 招かれざる客
第30話 命がけの問い
第31話 オレンジの車を追え
第32話 「ひざまずけ!」
第33話 クロアチアの小人
第34話 また現れた男
第35話 約束
第36話 天国から地獄へ
第37話 嘘
第38話 夜9時。ビシェグラード
第39話 マルヤナという女
第40話 CIAのルール
第41話 追っ手の影
第42話 誰も信用するな
第43話 荒らされていた部屋

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
1 ブログ小説『ハンティング・パーティー』好評。第4話まで公開中。
先日、3月14日にリリースさせていただいた ...続きを見る
世田谷のProducer
2008/03/16 08:32

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お出まし!不肖宮嶋さん!!!隠れファンです。
戦場ジャーナリストが命懸けで伝えている凄まじき実態を、どこまで知る事ができるのか?ワクワクしますね、ほんと!
jonna
2008/03/16 23:14
jonnaさん
不肖宮嶋さんから映画にコメントをいただいているので、後にご紹介しますね。
せたP
URL
2008/03/19 21:23
ウェブリブログ

画像
映画『ハンティング・パーティ』
公式サイト
公式サイトQR
5月10日(土)公開のリチャード・ギア主演映画『ハンティング・パーティ』をブログ小説として先行公開。映画製作秘話や独占ニュース、関連情報など、映画をより深く楽しむためのコンテンツも小説の展開にあわせて掲載します。
毎日2回更新予定!
☆ 第一報:熱血、戦場ジャーナリスト! ☆ ブログ小説『ハンティング・パーティ』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる