ブログ小説『ハンティング・パーティ』

アクセスカウンタ

zoom RSS 【小説】 第30話 命がけの問い

<<   作成日時 : 2008/03/31 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

村人たちの雰囲気が和んだかと思えたとき、サイモンは立ち上がった。

表情を和らげ、一語一語選ぶように、セルビア語で話し始める。

「聞いてくれ、みんな。
我々はジャーナリストだ。
実はあんたたちの見てるフォックスのことを記事にしたい… 」

フォックス、という名前が出たとたん、場の空気が急に凍った。

サイモンはその気配を感じて少しひるんだが、続けた。

「… もちろん、英雄としての彼を、だ。
私は中立の人間だ。
ここにいる友達のように政治的意図はない」

村人の視線は一斉にダックとベンに注がれた。
驚いたベンがダックにサイモンの話したセルビア語の通訳を頼んだ。

「何だって」
「ヤツらに君と俺を売ったんだよ」
「うれしいね」

思わぬサイモンの裏切りに、二人は肩をすくめた。
サイモンはフォックスを捕まえるためならもはやなんだってするつもりなのかもしれない。
… ベンは壁の獣の頭をもう一度見ながら自分の頭がそこに並んでいるのを想像した。

村人はもはや誰一人、酒をおごられたことを喜んでいなかった。

いくつもの険しい目が、サイモンを射るように見ている。

一人の老人が立ち上がった。

「フォックスは誰の目にも見えない。捕らえることは不可能だ」

サイモンは懇願した。

「話をするだけでいいんだ」

顔を見合わせ、村人どうしがささやく。

「ここにいるというのか」
「このチェレビチに」

バーの村人たちは一斉に笑った。

「いても教えないか」

あきれたように言ったサイモンに、長老のような九本指の老人が立ち上がった。

長身。くぼんだ目。… 狩人の目だ。

「この野郎、安い地酒一杯で、俺たちが指導者を売ると思うのか。
我々セルビア人が、それほど軟弱だと思うのか」

入り口近くのテーブルにに座っていた男が、かちっと、手元の銃の撃鉄を起こした。

長老らしき男はは目をぎらぎらさせてサイモンを睨み付ける。

「ここに大学を出た人間はいない。だが、バカじゃない。なめるのは止めてくれ」

ダックはさっきサイモンが自分たちを裏切ったことも忘れて、仲裁に入った。

「なめてなどいない… 」
「黙れ!なめてるじゃないか。許さんぞ」

入り口の男が銃を灰皿の脇にわざとらしく置き直した。

サイモンは顔をひきつらせた。

「わかった」

彼らを制止しながら、しかし足元は動かなかった。

「壁のこの動物を… ここにいるあんたらが撃ったわけか」

長老らしき男が瞬きもせずに言った。

「俺が撃った」

サイモンは冷静に答えた。

「なるほど」

ダックとベンはもうドアの近くにまで退散して、サイモンを促した。

「失礼しましょう」
「それがいい」

長老らしき男は表情一つ変えずに言った。

しかしサイモンは首をふり、男をきっと強く見据えた。

「一つ質問がある… 」

大きく肩で息を吸い、その名前をもう一度ぶつけた。

「フォックスとは猟をするのか? 
… 伝え聞いた話では“フォックス”という呼び名は狐狩りが好きだからとか… 」

言い終わらぬうちに、男はさえぎった。

「戦場なら、おまえを殺してる」
「戦争は終わった」
「そう、終わった」

サイモンの毅然とした態度に男はそう答えたが、引き金に手をかけた村人たちはまだ数人いた。

ベンとダックはもはや扉から出ようとしていた。
それをサイモンは制した。

「待て」

そしてもう一度、執念を込めておなかの底から声を出した。

「彼と狩りを?」
「クソ度胸があるな」

男は怒りを込めて言った。

村人の怒りが今にも暴発しそうな瞬間、ベンは丘の下の車道にオレンジ色の車が3台走るのを見た。

「見ろ、ダック」
「おおっ… 」

ダックは低く唸った。


画像
人気ブログランキング

に参加しています。現在、小説部門13位↓です。
ボスニア紛争についてもっと知りたい!と思われたら、ぜひ、クリックお願いします。

※映画『ハンティング・パーティ』は、5月10日(土)よりシャンテシネ、新宿武蔵野館ほか全国ロードショーです。



※ブログ小説目次
第1話 サイモンとダック
第2話 ぶち切れたサイモン・ハント
第3話 ボスニア・ヘルツェゴビナへようこそ
第4話 ベン、ホリデー・インのバーにデビューする
第5話 落ちぶれた相棒
第6話 3人は揃った
第7話 「聞こう。ネタって?」
第8話 ムスリムのカフェで
第9話 盗み聞き
第10話 “生と共に死を授かった男”
第11話 出発
第12話 チェレビチの森で
第13話 セルビアの村はずれのカフェ
第14話 撃たれた3人の車
第15話 フォチャへ
第16話 警察のティータイム
第17話 チェレビチからの命令
第18話 国連の男・ボリスとの出会い
第19話 プロの出番
第20話 フォックスは守られていた
第21話 バーの外の暗闇で
第22話 危険へと続く道
第23話 マルダとウーナ
第24話 サイモンの恋
第25話 サイモンの恋A
第26話 最悪の別れ
第27話 チェレビチの見張り人
第28話 バーを探す
第29話 招かれざる客
第31話 オレンジの車を追え
第32話 「ひざまずけ!」
第33話 クロアチアの小人

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
ウェブリブログ

画像
映画『ハンティング・パーティ』
公式サイト
公式サイトQR
5月10日(土)公開のリチャード・ギア主演映画『ハンティング・パーティ』をブログ小説として先行公開。映画製作秘話や独占ニュース、関連情報など、映画をより深く楽しむためのコンテンツも小説の展開にあわせて掲載します。
毎日2回更新予定!
【小説】 第30話 命がけの問い ブログ小説『ハンティング・パーティ』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる