ブログ小説『ハンティング・パーティ』

アクセスカウンタ

zoom RSS 【小説】 第25話 サイモンの恋A

<<   作成日時 : 2008/03/28 00:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

サイモンはマルダを愛し、彼女はその愛に精一杯応えた。
彼女は自分から何かを欲しがるということがなかった。

「指輪は」
「しないわね」
「愛の誓いに… ぼくらの国ではよくプレゼントすることがある」
「誓いは… 形じゃないわ」

彼女はぎゅっとサイモンを抱きしめた。

「こうして、ここにいるということよ」

そんな彼女にサイモンは一つだけプレゼントをした。

丸い、モスクの屋根のような、銀のペンダントだった。

彼女は素直に喜んで、すぐに首につけた。

「一生はずさないわ。何があっても」
「ああ。これは誓いじゃない。お守りだからね」
「そうね。あなたが私を守ってくれている。私もあなたを守っている」

抱き合っても抱き合っても飽きるということがなかった。

サイモンの広い胸の下で、マルダが言った。

「もし国がなくなっても。どこにも行かないでね」
「二人の体を外科手術で縫い付けてしまえばいいさ」

彼女は目を閉じて微笑み、深く深くサイモンを招きいれた。

だが窓の外では日々戦火は広がり、危険はいつも隣にいた。

そんなある日、マルダはサイモンの子を孕んだ。

二人は子どもの名前を考えた。

「イネス… ジャスミン… アマール… アミン…」
「女の子だとは限らないよ」
「そうね。じゃ、この名前はどう… サイモン・ジュニア!」

夏の真昼の太陽のように飛び込んでくる彼女の笑顔が、サイモンの脳裏に焼きついていた。

そしてそれが、最後の記憶になった。


※映画『ハンティング・パーティ』は、5月10日(土)よりシャンテシネ、新宿武蔵野館ほか全国ロードショーです。



画像
人気ブログランキング

に参加しています。現在、小説部門10位↑です。
続きが気になる!面白い!と思われたら、ぜひ、クリックお願いします。

※ブログ小説目次
第1話 サイモンとダック
第2話 ぶち切れたサイモン・ハント
第3話 ボスニア・ヘルツェゴビナへようこそ
第4話 ベン、ホリデー・インのバーにデビューする
第5話 落ちぶれた相棒
第6話 3人は揃った
第7話 「聞こう。ネタって?」
第8話 ムスリムのカフェで
第9話 盗み聞き
第10話 “生と共に死を授かった男”
第11話 出発
第12話 チェレビチの森で
第13話 セルビアの村はずれのカフェ
第14話 撃たれた3人の車
第15話 フォチャへ
第16話 警察のティータイム
第17話 チェレビチからの命令
第18話 国連の男・ボリスとの出会い
第19話 プロの出番
第20話 フォックスは守られていた
第21話 バーの外の暗闇で
第22話 危険へと続く道
第23話 マルダとウーナ
第24話 サイモンの恋
第26話 最悪の別れ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
スリルだけでなく、ロマンチックな気分も。
これからが どんどん楽しみですね。
ワクワクして 楽しみにしています。
ちえぴ
2008/03/28 08:11
ちえぴさん
ロマンチック部分は映画より詳しく描いています。
せたP
2008/03/28 09:22
ウェブリブログ

画像
映画『ハンティング・パーティ』
公式サイト
公式サイトQR
5月10日(土)公開のリチャード・ギア主演映画『ハンティング・パーティ』をブログ小説として先行公開。映画製作秘話や独占ニュース、関連情報など、映画をより深く楽しむためのコンテンツも小説の展開にあわせて掲載します。
毎日2回更新予定!
【小説】 第25話 サイモンの恋A ブログ小説『ハンティング・パーティ』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる