ブログ小説『ハンティング・パーティ』

アクセスカウンタ

zoom RSS 【小説】 第8話 ムスリムのカフェで

<<   作成日時 : 2008/03/18 15:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

ダックとサイモンは、街に下りるとムスリム風のカフェに腰を下ろした。

画像


ここならセルビア人はいない。
フォックスを指導者とあがめているのは、ほとんどがセルビア人だからだ。

イスラムふうの胴のポットにピンクの氷砂糖が溶かされる。
眠気もいっぺんに覚めるような濃いコーヒーをひと口のみ、サイモンは口を開いた。

「ヤツの居所を突き止めた」
「ヤツの隠れてる場所を突き止めたというのか」
「そう」
「ヤツのインタビューを取る?」
「そう」
「賞金稼ぎや海兵隊を出し抜いて?」
「そう」
「サイモン、おまえ頭がいかれてるんじゃ…」

ダックが心配そうに言うのを茶化して、サイモンはいかれた顔をつくる。
ダックはその顔に笑わされながらも、サイモンが本当にいかれてるのかどうか、注意深く試すことにした。

「相手は四六時中、アリがもぐる隙もなく守られているヤツだぞ」
「そう。噂では武装兵20人」
「50人だよ」

ダックは念を押すように言った。

「50人だ」

「かもな」

サイモンは、ふふん、と鼻で笑う。

「ゼロという噂もある」

「バカな」


ダックが首を横にふると、サイモンは語気を強めた。

画像


「NATO軍は大勢だから目立つ。
ヤツらも身構える。
反対にちんけな二人組だからこそ向こうは油断する。
フォックスの居場所はわかってるんだ」

その顔に、もう一度冷静にダックは問い直す。


「コンビニの先を左に曲がる、とか?」

「この国にコンビニはない」

サイモンはテーブルを叩かんばかりに言った。

ダックはやっとサイモンが「イカれてる」わけではないと確信した。

しかし。迷いを残した表情で、ダックはサイモンを見つめた。

画像


「その情報… 情報源が正しいとなぜ言い切れる?」

「正しい」

自分に言い聞かせるように答えると、サイモンは声をひそめた。

「場所はチェレビチの山奥。一歩モンテネグロに入れば、NATOの手は届かない。
ほんの10分のドライブで国境を越せるんだ」

「だが新聞に出ている情報では…」


抑えたはずのサイモンの声がいつの間にか怒声になった。

「そこにいるんだ!その山に!」


ダックは目を見開いたまま、サイモンの話に聞き入った。

「やつはそこにいるんだ。
山道から1時間半。
命がけでヤツを守ってるセルビア人軍団に囲まれてね」
「軍団相手か」
「出発は明朝だ」

二人の話を聞くともなく聞いていた男が、ふっとカフェの裏口から消えていった。

この国では、誰かがよそ者を必ず見張っているのかもしれなかった。


※映画『ハンティング・パーティ』は、5月10日(土)よりシャンテシネ、新宿武蔵野館ほか全国ロードショーです。



画像
人気ブログランキング

に参加しています。現在、小説部門10位↑です。
続きが気になる!面白い!と思われたら、ぜひ、クリックお願いします。

※ブログ小説目次
第1話 サイモンとダック
第2話 ぶち切れたサイモン・ハント
第3話 ボスニア・ヘルツェゴビナへようこそ
第4話 ベン、ホリデー・インのバーにデビューする
第5話 落ちぶれた相棒
第6話 3人は揃った
第7話 「聞こう。ネタって?」
第9話 盗み聞き
第10話 “生と共に死を授かった男”
第11話 出発
第12話 チェレビチの森で
第13話 セルビアの村はずれのカフェ
第14話 撃たれた3人の車
第15話 フォチャへ
第16話 警察のティータイム
第17話 チェレビチからの命令
第18話 国連の男・ボリスとの出会い
第19話 プロの出番
第20話 フォックスは守られていた
第21話 バーの外の暗闇で
第22話 危険へと続く道
第23話 マルダとウーナ
第24話 サイモンの恋
第25話 サイモンの恋A
第26話 最悪の別れ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
☆スクープ情報局☆ 号外:
『ハンティング・パーティ』主演のリチャード・ギア、熱いね。 ...続きを見る
ブログ小説『ハンティング・パーティ』
2008/03/20 08:54

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
著者の森綾です。
皆さんに応援してもらってブログランキングは
先ほど15位まで上がってきました。

この映画には原作がありません。
実在のジャーナリストが雑誌に寄せた記事をもとに
作られたものです。
私は今43歳なんですけど、23歳のときは新聞記者だったので、その頃のかっこいい先輩記者を思い出しながら(あんまりいないけどw)書いています。

大好きなリチャード・ギアが演じるサイモンたちがこれからどんな危険な「狩り」に出ようとしているのか。。。
彼らの心の動きを追っていきたいと思います。

コメント、お待ちしていますね。

おとなあやや
URL
2008/03/18 20:17
そっか。おとなあややさんこと森綾さんもジャーナリストだったんだ。いまさらか。。。?
せたP
URL
2008/03/19 21:47
へへ。一応新聞記者でした。
同時にお茶くみもしてましたが…w
おとな
URL
2008/03/21 01:14
ウェブリブログ

画像
映画『ハンティング・パーティ』
公式サイト
公式サイトQR
5月10日(土)公開のリチャード・ギア主演映画『ハンティング・パーティ』をブログ小説として先行公開。映画製作秘話や独占ニュース、関連情報など、映画をより深く楽しむためのコンテンツも小説の展開にあわせて掲載します。
毎日2回更新予定!
【小説】 第8話 ムスリムのカフェで ブログ小説『ハンティング・パーティ』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる